Home » メンバー紹介

メンバー紹介

メンバー紹介

准教授 中津可道(Yoshimichi Nakatsu)  
助教 大野みずき(Mizuki Ohno)  
共同研究員 大西陽子(Yoko Ohnishi)  
日高京子(Kyoko Hidaka)  
岡素雅子 (Sugako Oka)  
学内共同研究員 山元 裕之
(Hiroyuki Yamamoto)
[環境発達医学研究センター]
 
林田元気(Genki Hayashida)[大学院システム生命科学府]  
学部学生    
事務職員 戸上 康子(Yasuko Togami)  
テクニカルスタッフ 鷹野典子(Noriko Takano)  
佐々木史子(Fumiko Sasaki)  
石原邦子(Kuniko Ishihara)  
研究補助員    

総合研究棟7階で[平成28(2016)年6月3日撮影]

左から、山元、藤原、戸上、岡、宋、鷹野、日高、(前列)大西、大野、中津、續、(後列)佐々木、林田

総合研究棟の玄関前で

 

基礎放射線医学分野メンバー

平成25年1月7日撮影(総合研究棟玄関前で)

前列左から:今井、鷹野、Fern、後列左から:續、佐々木、大西、戸上、大野、石原、中津

OB・OG

氏名   在籍期間 異動先
續 輝久 教授 H29.3.31 定年退職 福岡歯科大学先端科学研究センター・ 客員教授
日高 真純 学術研究員非常勤助教 H19.11.1 福岡歯科大学の細胞分子生物学講座 准教授(平成21年4月1日付で福岡歯科大学の教授に昇任されました)
藏 忍 助教 H21.3.31定年退職 福岡教育大学(非常勤講師(化学))

平成19年10月31日撮影

前列左から:中津、日高、續、戸上/2列目:安武、朴、藏、松尾/3列目:山元、松本、Lim(林)

博士課程修了者(含む中途退学者)

氏名 論文
メヘナティ・パリナズ(指導教官:佐々木 弘 前助教授) 分裂遅延とCR-39プラスチックを指標とした重イオン(鉄、アルゴン イオン)を照射されたCHO細胞におけるヒットの判定
江頭 明興(Akinori Egashira)

[消化器・総合外科学分野]

MTH1、MSH2及び二重遺伝子欠損マウスにみられる自然突然変異特異性の解析
五十川 亜紗子(Asako Isogawa マウス個体におけるG:C→T:Aトランスバージョン型突然変異の抑制に対するOgg1とMutyhの機能的協調
坂本 勝美(Katsumi Sakamoto)

[臨床放射線科学分野]

MUTYH欠損マウスは 腸管における自然発癌および 酸化ストレス誘発発癌の 感受性が高い
山内 一己(Kazumi Yamauchi) gpt-delta トランスジェニックマウスを用いたX線とN-エチル-N-ニトロソウレアの複合影響の解析
磯田 拓郎(Takuro Isoda)

[臨床放射線科学分野]

Mutyh遺伝子欠損マウスにおける酸化ストレス誘発小腸腫瘍の解析
Kashfi Quadra  
松本載恭(Noritaka Matsumoto)

[消化器・総合外科学分野]

 
Teik How Lim(林 徳豪) Activation of AMP-activated protein kinase by MAPO1 and FLCN induces apoptosis triggered by alkylated base mismatch in DNA
朴 晶淑(Piao Jingshu) Mismatch repair deficient mice show susceptibility to oxidative stress-induced intestinal carcinogenesis
山元裕之(Hiroyuki Yamamoto)

 

[成長発達医学分野]

ヘルパー依存型アデノ・アデノ随伴ウイルスハイブリッドベクターを用いたBTK遺伝子ターゲティング
大西陽子(Yoko Onishi)(論文博士) 19S Proteasomal ATPaseであるPSMC5は側坐核においてコカイン誘発性行動を制御する
中西恵美(Megumi Nakanishi)  

海外からの大学院生(博士課程)の学位取得

氏名 論文
Knut Woltjen
(滞在期間:2001/10 – 2003/03)
[カナダ、カルガリー大学医学部、指導教員:Dr. Derrick E. Rancourt]
“Orpheus Recombination: Development and Application of Novel Phage Recombineering Tools for Custom Targeting Vector Construction”- Generation of a rheostat system for the control of endogenous gene expression and the study of embryonic lethal gene knockouts in mouse –
関連記事:(2016.02.13
Charatda Punvittayagul
(滞在期間:2012/11 – 2013/04)
[タイ、チェンマイ大学医学部、指導教員:Dr. Rawiwan Wongpoomchai]
Molecular Studies of Purple Rice Extracts on Carcinogens Induced Liver and Colon Carcinogenesis
関連記事:(2012.09.18)(2012.12.26)(2013.05.27

修士課程修了者

氏名 論文
本田 久美子(Kumiko Honda) 新しい突然変異検出・解析系構築の試み
松尾 知子(Tomoko Matsuo) 酸化ヌクレオチド除去に関するNUDIX加水分解酵素の細胞内局在解析および複合体同定の試み
山元 裕之
(Hiroyuki Yamamoto)
ヘルパー依存型アデノ・アデノ随伴ウイルスハイブリッドベクターを用いたBTK遺伝子修復研究
古和 温子(Atsuko Kowa)[成長発達医学分野] ヘルパー依存型アデノ・アデノ随伴ウイルスハイブリッド ベクターを用いたBTK遺伝子修復研究
加治屋由佳(Yuka Kajiya) 哺乳動物細胞における酸化ヌクレオチドに起因する突然変異の解析
大岡千咲(Chisaki Ohoka) ヒトDNA修復タンパク質MUTYHの細胞内挙動の解析
橋詰 拓弥(Takuya Hashizume)  ミスマッチ修復遺伝子Msh2欠損マウスにおける酸化ストレス誘発突然変異の解析
李 賛(Li Zan) Analysis of oxidative stress-induced intestinal tumors in Trp53-deficient mice
林田元気(Genki Hayashida)[大学院システム生命科学府]  Development of in vivo assay system to characterize variants of mismatch repair factor MSH2 found in Lynch Syndrome
天野 孝昭(Takaaki Amano)[大学院システム情報科学府]  大気圧非平衡誘電体バリア放電プラズマのライフサイエンス応用に関する研究
宋 頴霞 Introduction of DNA polymerase  R506H mutation into MSH2-null HeLa MR cells using CRISPR/Cas9 genome editing system
Copyright(c) 2012 Faculty of Medical Sciences Medical Biophysics Radiatio Biology, Kyushu university All Rights Reserved.